塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

外壁塗装の色褪せしやすい色・しにくい色|中津川市・恵那市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店 ㈲本多塗装店

豆知識 2021.04.24 (Sat) 更新

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の有限会社本多塗装店です!

今回のブログを執筆させていただく中島です!

今回は外壁塗装の色褪せしやすい色・しにくい色を、それぞれ1位から3位までご紹介していきたいと思います。

外壁塗装の塗替え時期は、基本的に10年くらいと言われていますが、色褪せが早い塗料を使ってしまえば10年持たない可能性もあり、長い目で見たときの工事費用は倍額になってしまう可能性も出てきてしまいます(~_~;)

こんなことは出来るだけ避けたいので、少しでも大切なお家を長持ちさせるために、どんな塗料を選べばいいのか参考にしてみてください。

 

色褪せしやすい色

 1位 赤

 赤色を出す顔料は数種類あるのですが、どれも耐光性は低いです。

 東京タワー🗼の紅白模様に赤が使われているので、それなりに耐久性がありそうに思えますが、塩害などの影響もあり、実は5年に1回程度の塗替えが行われているそうです。

 

 2位 黄

 赤色と黄色の共通点はどの塗料であっても、窒素元素同士が結合している部分が多く、それが紫外線によって切断せれてしまうため、他の色よりも色褪せが早くなるそうです。

 同系統の色である黄土色は色褪せしにくいという特徴を持っているのに化学の不思議なところでもありますね(*^^*)

 

 3位 紫

 自動車業界では、赤の次に色褪せしやすい色と言われているそうですが、

 紫と言っても、赤みが多い紫もあれば、青みの多い紫もあるので、当然色褪せの進行度合いも異なってきます。

 赤色が1位なので、赤みの多い紫の方が色褪せの進行は早いのです。

 ですが、人によって、紫色と青色の判断基準の境界がはっきりしないので3位となりました。

 

色褪せしにくい色

 1位 白

 白色は、顔料として使われる酸化チタンは無機顔料なので、色素の結合を切断されにくく化学変化も起こりにくいそうです。

 しかし、汚れが目立ちやすいという弱点もあり、白が外壁塗装で長い寿命があるかというと、顔料に使われている酸化チタンが塗膜を破壊してしまうそうです。

 

 2位 黒

 顔料の原料であるカーボンブラックは、非常に強固な炭素結合を誇り、光に分解されないという性質を持っているそうです。

 こちらも白色同様、汚れが目立ちやすいという弱点を持っているだけでなく、

 ピアノブラックなどの艶ありでは、光沢とセットになっているため艶がなくなってしまうと、一気に色褪せたように見えてしまいます。

 

 3位 青

 青色は、近年のIT企業のコーポレートカラーに多用されている色の一つになります。

 そして、元素同士の結合が耐光性に優れており、色褪せしにくいのも特徴です。

 

外壁塗装をされるときの参考になればうれしいです。

外壁塗装・屋根塗装工事をお考えの方は、中津川市・恵那市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店の㈲本多塗装店にお問い合わせください。

4月中はキャンペーンを行っております。

コロナウイルス対策のマスク着用のうえ、ご来店をお待ちしております。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました🐸

 

有限会社 本多塗装店外壁塗装・屋根塗装専門店です。
恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■本多塗装店の塗装メニューはこちらから!

外壁・屋根塗装の塗装メニュー

■本多塗装店は、お客様から選ばれる理由があります!

本多塗装店が選ばれる理由