塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

【外壁塗装の時期とタイミング】恵那市・中津川市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店 ㈲本多塗装店

豆知識 2022.03.12 (Sat) 更新

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の有限会社本多塗装店です!

今回のブログを執筆させていただく中島です!

マイホームを建ててから10年で外壁の塗替えが必要と聞いたことがありませんか?

外壁塗装は適切なタイミングで定期的に行うことで、大切なお家を長持ちさせることができます。

今回は、外壁塗装を行う最適な時期とタイミングをご紹介いたします。

 

1.外壁塗装を行うタイミングは10年が目安

皆さんが外壁塗装を考えるのは、どのような時でしょうか?

・家の外壁の汚れが気になってきた

・ご近所のお家を塗替えしてた

・・・など、様々な理由があると思います。

しかし

「外壁の汚れは気になるけど、今はまだかなあ~」

外壁塗装の必要性をあまり感じていない方が多いかもしれません。

ここで必要性をお伝えします。

 

1-1. 外壁塗装は築10年が目安

日本の住宅の平均寿命は約30年で、アメリカの住宅の平均寿命の3分の1と言われています。

なぜここまで違うのかというと、日本の気候に原因があります。

日本は高温多湿であり、元々の日本家屋とは石の上に土台が乗るような構造でした。

しかし現代の日本住宅は、コンクリートを基礎に使うようになったことで、床下の通気が悪くなり住宅に使用する木材が傷みやすくなってしまったのです。

 

大切なお家を守るためにも、定期的にメンテナンスを行い、長期的に風雨・紫外線などから守ってもらいましょう。

 

1-2. 築10年目で塗装すると良い理由

現在、日本の住宅の約80%を占めると言われている窯業系サイディングボード。

この窯業系サイディングボードは、主成分がセメントのため、元々防水性能は全くありません。

そのため工場出荷時に塗装を行い防水性を持たせていますが、その防水性能は5~7年で切れてしまいます。

他にも、外壁材のほとんどが同様の年数で最初の防水性が切れてしまうため、目安として

「築10年で1回目の塗装」と一般的によく言われます。

塗装をするメリットとして次の2つが主にあげられます。

 

①建物の美観を保つ

外壁は毎日、風雨や紫外線にさらされているため、色あせや塗膜の汚れ・劣化が出てきます。

外壁塗装をすることによって、劣化していた外壁塗膜をキレイにすることができ、新築のような輝きを取り戻すことができます。

また、新築時とは違ったデザインや色味に変更することでき、気分転換をすることも可能です。

 

⓶外壁を保護するため

塗装をし塗膜を作ることで、劣化した外壁を風雨や紫外線などから守ることができます。

定期的なメンテナンスを行い、建物の耐久性を高めることで、劣化の原因から大切なお家を守ります。

お家の築年数が5~7年の方は、防水性が切れると言われている時期ですので、一度外壁劣化診断をしてみると良いでしょう。

 

外壁塗装・屋根塗装工事をお考えの方は、恵那市・中津川市の外壁塗装・屋根塗装専門店の㈲本多塗装店にお問い合わせください。

新型コロナウイルス対策として、マスク着用にてのご来店をお願い致します。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました🐸

 

有限会社本多塗装店外壁塗装・屋根塗装専門店です。

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■本多塗装店の塗装メニューはこちらから!

外壁・屋根塗装の塗装メニュー

■本多塗装店は、お客様から選ばれる理由があります!

本多塗装店が選ばれる理由