塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

【シーリングも大切です!】恵那市・中津川市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店 ㈲本多塗装店

豆知識 2022.02.22 (Tue) 更新

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の有限会社本多塗装店です!

今回のブログを執筆させていただく中島です!

今回は、シーリングの重要性について載せていきます。

シーリングはサイディングボードにとって、とても重要な役割をしてます。

外壁塗装をする際にも、大切なポイントになります。

中津川市恵那市外壁塗装屋根塗装工事専門店㈲本多塗装店恵那ショールーム

 

シーリングとは?

シーリングとは、サイディングボードの継ぎ目を埋め、ボード同士がぶつかり合って傷まないようにクッション材の役割をしてくれます。

また、他にも水の浸水を防ぎ、地震などの揺れの衝撃を吸収してくれます。

目地コーキング呼ばれることもあります。

 

モルタル壁にはシーリングがないので、地震などの揺れが起こると壁自体にヒビが入ってしまいます。

サイディングボード壁にはシーリングがあることで、壁そのものにはヒビが入りにくくなります。

また、サイディング壁のクッション材の役割の他に、モルタル壁のヒビ割れの補修として使用されるので、お家のメンテナンスには欠かせない材料です。

 

シーリングも劣化

外壁が年月が経つうちに劣化するのと同じように、シーリングも当然劣化しています。

 

シーリングは紫外線に弱く、初めは柔らかいのですが紫外線に浴び続けると硬くなってしまいます。

硬くなるとヒビが入りやすくなったり、壁の継ぎ目にすき間ができてしまったり、シーリング自体がスカスカになってしまったりと、様々な劣化が起きてきます。

恵那市中津川市外壁塗装屋根塗装工事専門店㈲本多塗装店恵那ショールーム

新築時の戸建てでは、初期費用を抑えるために安価なシーリング材が使われていることが多く、7~8年で劣化症状が現れたりします。

シーリングの中に可塑剤(かそざい)と呼ばれる油がにじみ出てきたりします。

これも劣化現象の一つで硬質化が出始めている合図です。

可塑剤がにじみ出る事をブリード現象と呼びます。

 

このブリード現象は、外壁塗装をする際にとても重要な箇所になります。

サイディングボードは、塗装だけでなくシーリングも新しく打ち替えるシーリング工事も必要になってきます。

 

どの塗料を使用するかという事ももちろん大切ですが、サイディングボードにはどんなシーリング材を使用するのかも大切です。

 

外壁塗装・屋根塗装工事をお考えの方は、恵那市・中津川市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店の㈲本多塗装店にお問い合わせください。

新型コロナウイルス対策として、マスク着用にてのご来店をお願い致します。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました🐸

 

有限会社本多塗装店外壁塗装・屋根塗装専門店です。

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■本多塗装店の塗装メニューはこちらから!

外壁・屋根塗装の塗装メニュー

■本多塗装店は、お客様から選ばれる理由があります!

本多塗装店が選ばれる理由