塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

【皆さんのお家の外壁材は?④】恵那市・中津川市の外壁塗装・屋根塗装専門店の㈲本多塗装店

豆知識 2021.11.29 (Mon) 更新

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の有限会社本多塗装店です!

今回のブログを執筆させていただく中島です!

前回に引き続き、今回は樹脂系サイディング・木質系サイディングについてご紹介いたします。

 

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングとは、塩化ビニル樹脂が使用されたサイディングです。

重さは窯業系サイディングの約1/10と非常に軽い素材となっています。

しかし、耐久性や耐候性に加えて寒さや酸性雨にも強く、とても優れています。

そのため、ひび割れしにくいというのが、この樹脂系サイディングの最大の特徴となっています。

また、表面塗装ではなく顔料が樹脂系サイディングそのものに練りこんであるので、基本的に再塗装は不要と言われています。

 

サイディングといえば『シーリング』なのですが、

樹脂系サイディングには、つなぎ目部分に打ち込むシーリングはありません

そのため、他のサイディングと比べるとメンテナンスがしやすいというメリットがあります。

 

ここまでみると『樹脂系サイディング最強!!』となりますが、ひとつ大きなデメリットがあります。

それは”耐火性が無い”ことです。

また単色でカラーバリエーションが少ないため、日本での普及率は低くなっています。

 

木質系サイディング

木質系サイディングとは、素材に無垢の木材を使用しているものの事をいいます。

木質系サイディングのほとんどは表面に塗装がしてあります。

名前に『木』という字が入っているので、火災や地震などの自然災害があった時の事を心配される方が多いと思います。

現代の技術力で無垢の木材に不燃処理を施すことが出来、そのおかげで防火性・耐火性・耐久性を兼ね備えた外壁材になります。

 

木質系サイディングの最大のメリットは断熱性に優れているところです。

また、自然にも調和しやすいので、どんな環境にも馴染みやすいです。

但し、木質系サイディングの注意点として、水分を含んだまま長時間経過してしまうと木材が腐食したり変色しやすくなってしまいます。

塗膜に劣化症状が出てから塗り替えるのではなく、定期的にメンテナンスを行い塗り替えをし、塗膜を劣化させないことが大切です。

木質系サイディングは他のサイディングと違って、定期的な塗り替えではなく、軒を深くし庇を付けるといった雨対策を行うことでも長持ちさせることができます。

 

一言で『サイディング』といってもたくさんの種類があります。

皆さんのお家の外壁材を一度見てみてください。

 

外壁塗装・屋根塗装工事をお考えの方は、恵那市・中津川市の外壁塗装・屋根塗装専門店の㈲本多塗装店にお問い合わせください。

コロナウイルス対策として、マスク着用にてのご来店をお待ちしております。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました🐸

 

有限会社本多塗装店外壁塗装・屋根塗装専門店です。

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■本多塗装店の塗装メニューはこちらから!

外壁・屋根塗装の塗装メニュー

■本多塗装店は、お客様から選ばれる理由があります!

本多塗装店が選ばれる理由