塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

【塗替えだけで雨漏りは止まりません】恵那市・中津川市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店 ㈲本多塗装店

豆知識 2021.09.02 (Thu) 更新

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の有限会社本多塗装店です!

今回のブログを執筆させていただく中島です!

お問い合わせをいただくとき、「雨漏りしているから塗替えしたい」と言われる方がみえます。

「住宅の塗替えを行うと雨漏りが止まる」という間違った情報がネットで出ているようです。

弊社で施工させていただいたお客様も「トタン屋根を塗装してもらったら雨が漏らなくなったよ」と喜んでくださいましたが、

「いえいえ!穴が一時的にふさがっただけですよ」とお話しました。

 

塗替え工事で雨漏りが防げない理由

屋根の場合

屋根はもともと浸水するということが普通で、浸水した雨水をどのように処理するかがカギとなります。

屋根の構造は、下から順に野地板(下地)に➡ルーフイングシート(防水シート)➡屋根材となっています。

屋根材が一次防水、その下に敷かれているルーフイングシートが二次防水という役割です。

一次防水の屋根材が欠けたり破損しても、二次防水のルーフイングシートが雨漏りを防ぎます。

つまり、屋根からの雨漏りが起きたときは、その多くは屋根ではなくルーフイングシートの破損が原因なので、塗替えでは雨漏りは止まりません

外壁の場合

外壁からの雨漏りが原因の場合、サッシ周りや外壁目地のシーリングの破断、ハクリ等の劣化や外壁に発生したクラック(ひび割れ)等が原因です。

シーリングの劣化が雨漏りの原因であれば、塗装ではなくシーリング工事が必要となります。

クラックが原因であれば、塗装ではクラックは埋まりませんので、クラック補修工事が必要です。

 

雨漏りの原因を突き止め、適切な方法で修理しなければ雨漏りは直りません。

塗装をしても”雨漏りを止めるための工事”ではありません。

 

塗装の目的

「塗装をすれば雨漏りが止まる」と思っていた方に”何のために塗替え工事をするのか”説明します。

美観の維持・回復

屋根や外壁は、年月が経つと劣化し汚れも目立ってきます。

屋根や陽の光が当たりにくい外壁には、カビやコケ・藻が発生してしまいます。

外観がボロボロでコケ等が発生すると、見栄えは最悪な状態です。

そんな時は、高圧洗浄で汚れを落とし、新しく塗り替えることで新築の時の様な外観になります✨

 

屋根材・外壁材の保護

美観も大切ですが、一番はお家を守っている屋根材・外壁材を守ることです!

屋根や外壁は塗料を塗ることで”塗膜”ができ、紫外線や風雨から守られています。

この塗膜は、経年劣化によって無くなって、紫外線などのダメージを直接受けてしまいます。

劣化が始まるとみるみるうちに進んでしまうのです。

劣化を回避するためにも塗替えは必要です。

 

まとめ

雨漏りと塗替え工事は関係ないのです。

塗装は字のごとく「ってう」なのです。

雨漏りは原因を突き止め、その原因を直さなければ雨漏りは止まりません。

 

外壁塗装・屋根塗装工事をお考えの方は、恵那市・中津川市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店の㈲本多塗装店にお問い合わせください。

新型コロナウイルス対策として、マスク着用にてのご来店をお待ちしております。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました🐸

 

有限会社 本多塗装店外壁塗装・屋根塗装専門店です。

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■本多塗装店の塗装メニューはこちらから!

外壁・屋根塗装の塗装メニュー

■本多塗装店は、お客様から選ばれる理由があります!

本多塗装店が選ばれる理由