塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

下塗り用塗料|中津川市・恵那市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店 ㈲本多塗装店

お知らせ豆知識 2020.10.19 (Mon) 更新

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の有限会社本多塗装店です!

今回のブログを執筆させていただく中島です!

今朝は冷えましたね(((~_~)))

中央アルプスの頂上付近が白くなっていました。もう雪が降ったんですね❄

今年もあっという間に秋が過ぎて♪小さい秋小さい秋~♪みたいです(;´∀`)

 

先日洗浄を載せたので、今日は【下塗り用塗料】について載せます。

下塗り用塗料は、下地と仕上げ塗料を密着させたり、種類によっては凸凹をなくしたり傷やクラークを埋めたりする役割があります。

🔶シーラー(プライマー)

下地に浸透して硬化することによって、仕上げ塗料が下地への吸い込みを抑えたり、仕上げ用塗料との密着を高める接着剤の役割をします。

🔶フィラー

下地の細かなヒビ割れや穴を埋めたり、段差のある下地を平滑にするための下塗り用塗料です。

🔶微弾性フィラー

シーラーの持つ仕上げ塗料との接着を高める機能と、フィラーの持つ段差下地を平滑にするための機能を併せ持っています。

粘度が高いため、下地の凸凹に対しても対応できる特徴を備えています。

また、厚塗りが可能なので微細な傷やクラックを埋めたり、クラック補修後の下地調整にも使えます。

現在の下塗り用塗料の主流になっています。

🔶弾性フィラー(+シーラー)

微弾性よりさらに凸凹への対応力が高い。

劣化と凸凹が激しい下地において、シーラーの持つ下地に浸透して硬化し仕上げ用塗料の吸い込みを抑える特徴と、より高い凸凹への対応力を持つ弾性フィラーの両方の長所を取り入れるために、溶剤系浸透シーラーを塗布してから弾性フィラーを塗り重ねる工法を使用します。

また、下塗り工程の過程では、2液溶剤型エポキシ樹脂浸透シーラー+弾性フィラーを使用します。

🔶錆止め下塗り剤

主にトタン外壁やトタン屋根・外部のフェンスなどの鉄部の下塗りに使用します。

水溶性・1液溶剤型・2液溶剤型があり、樹脂や添加物によってフタル酸樹脂系シアナミド鉛系・エポキシ樹脂系があります。

最近では、環境にやさしい鉛やクロムが添加してないものもあります。

 

外壁塗装・屋根塗装工事をお考えの方は、中津川市・恵那市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店の㈲本多塗装店にお問い合わせください。

10月31日まで『秋の塗装感謝祭キャンペーン』を行っております。

ガラガラ抽選会など色々な特典をご用意しておりますので、ぜひ!ご来店ください。スタッフ一同、お待ちしております❣

尚、日曜日は定休日となっておりますが、事前に予約を頂ければ対応させて頂きます。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました🐸

 

有限会社 本多塗装店外壁塗装・屋根塗装専門店です。
恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■本多塗装店の塗装メニューはこちらから!

外壁・屋根塗装の塗装メニュー

■本多塗装店は、お客様から選ばれる理由があります!

本多塗装店が選ばれる理由