塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

無機塗料|中津川市・恵那市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店 ㈲本多塗装店

豆知識 2021.02.11 (Thu) 更新

恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の有限会社本多塗装店です!

今回のブログを執筆させていただく中島です!

中津川市恵那市外壁塗装屋根塗装工事専門店㈲本多塗装店恵那ショールーム

節分も立春も過ぎたけど・・・と思っていたら!!昨年植えっぱなしのクロッカスが咲いていました(^^♪

植えた本人は気付かず、社長の奥さんが教えてくれました(*´▽`*)

 

今日は無機塗料の紹介します。

◎無機塗料ってどんな塗料?

 外壁塗装に使用されるシリコン塗料・フッ素塗料は有機塗料と呼ばれ、炭素を含む主成分です。

 塗装を行うことで出来るの塗膜の性能は樹脂によって左右され、塗膜の劣化であるチョーキングや色褪せは有機物が原因になります。

 一方無機塗料は、ガラスやレンガなどの炭素を含まない無機物が配合されているため、紫外線で劣化しにくい特徴を持っています。

 無機物100%の塗料が作れるならば、半永久的な耐久性を持つ塗料になりますが100%は難しいので、無機物の耐久性を活かし有機物を混ぜて作られた塗料が無機塗料なのです。

 つまり、無機塗料は他の塗料よりも耐久性に優れ、耐用年数も長いのです。

 

◎無機塗料の特徴

 無機塗料の最大の特徴は、耐候性が高く低汚染性・防汚染性に優れているところです。

 無機物を主成分としている無機塗料は、紫外線や風雨などによる劣化がしにくく外壁を長期にわたって保護してくれます。

 また、親水性が高い無機塗料は、塗膜表面に汚れが付着してもその汚れを浮かせる働きがあり、雨水で流してくれカビやコケの発生も抑えてくれます。

 デメリットもあります。無機塗料で作られる塗膜は硬いため、外壁にヒビが入ると塗膜表面にもヒビ割れが入ってしまいます。

 そのため既存の外壁がモルタル壁のようにヒビ割れしやすい外壁には不向きな塗料です。

 しかし、弾性の無機塗料もあるのでご安心ください。

 

◎本多塗装店のおすすめ無機塗料

 本多塗装店からおすすめしている無機塗料は、プレマテックス㈱のMUGA zero/seven と関西ペイント㈱のダイナミックムキです。

恵那市中津川市の外壁塗装屋根塗装工事専門店

・MUGA  zero/seven(ムガ ゼロ/セブン)は、ガラスと同じ成分の硅石を原料に使い、紫外線に強い合成樹脂なので超耐候性を実現しました。

 また、外壁に付着した汚れを雨水で流し落としたり、カビや藻の発生を防いでくれます。

 zero/sevenの違いは、sevenが弾性塗料なのでヒビ割れしやすい外壁や屋根塗装に適しています。

恵那市中津川市の外壁塗装屋根塗装工事専門店

・ダイナミックムキは、無機と有機のハイブリッドで無機の強靭さで耐久性を、有機の柔軟性で強固な塗膜を作り外壁との付着力も発揮します。

 水性塗料なので周辺環境にもやさしく、ヒビ割れにも強い塗膜を作ります。

 

外壁の種類や状態に合った塗料を提案させていただきますので、何でもご相談ください。

外壁塗装・屋根塗装工事をお考えの方は、中津川市・恵那市の外壁塗装・屋根塗装工事専門店の㈲本多塗装店にお問い合わせください。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました🐸

 

有限会社 本多塗装店外壁塗装・屋根塗装専門店です。
恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■本多塗装店の塗装メニューはこちらから!

外壁・屋根塗装の塗装メニュー

■本多塗装店は、お客様から選ばれる理由があります!

本多塗装店が選ばれる理由